ふるさと種子島 > 種子島の花木・樹木 > アブラギリ

【 樹木の諸データ 】

油桐

トウダイグサ科

【 生態状況 】

アブラギリの原産地は、中国といわれており、種子島では、特に西之表市で多く見かけます。

トウダイグサ科の植物で、葉の形が大変素晴らしいものがあります。種子島の各地の雑木林に分布する樹木のアブラギリです。

地元では「ゲタの木」と呼んでいます。また、木を切って垂直に割ってみると、綺麗な白色をしていることです。この白さで昔は札木として利用していました。

5月の中旬を過ぎると、場所によっては、純白な花びらを咲かせてくれます。花びらに近づくと、快い匂いが漂い天然の香水の中にいる気分です。

しかし、花びらは雨風にたいへん弱く、少し風が吹くと、見ている間にも花びらが容赦なく散っていきます。この時期のアブラギリが、一年の中でもっとも鮮やかな季節を迎えます。

初秋のころのアブラギリです。通常は、青い果実をつけているのですが、ほとんど見当たりません。

アブラギリの瑞々しい新緑の若葉

四月の下旬を過ぎる頃には、瑞々しい新緑の若葉にまでなっています。花部分もいっそう茶色に変色して花を咲かせる状態にまで成長しています。この頃、アブラギリの瑞々しい新緑を楽しめます。

開花前のアブラギリ

写真は、花を咲かせる前の状況です。場所によって、開花状況に差があります。5月上旬ごろのアブラギリです。

アブラギリの熟した果実

夏になると、果実が大きく熟してきますが、その頃になると、害虫も数多く寄り集まってきます。写真下から2番目は、「オオキンカメムシ」という大型のカメムシ類の幼虫です。

初夏のころの低木のアブラギリ

アブラギリは、落葉樹です。春を過ぎるころから葉をつけます。チップ材として切り出された後の山の尾根付近には、アブラギリが群生することもあります。

花びらを蜜につけて開花したアブラギリ
アブラギリの花

球形上に密につけた花は、直径が30センチを超えるものもあります。

アブラギリの球形上に密につけた花

一般的に球形上に花を密につけます。初夏のころの開花状況です。鮮やかな純白が見事です。

アブラギリの大群生

チップ材として切り出された後の山の尾根です。写真のごとく、アブラギリの一大群生です。尾根づたいにぎっしりと生えているのが分かると思います。

※ 2013年5月17日(金)、西之表市市道番屋峯線道沿い、及び県道76号線道沿いで、開花したアブラギリの純白の花びらの美しい風景を撮影したものです。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島の木々:初夏花を咲かせたアブラギリの美しい風景 Vemicia cordata

※ 2013年5月3日(金)、西之表市市道番屋峯線道沿い、二本松市道沿いで、初夏の開花する前のアブラギリの風景を撮影したものです。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島の木々:初夏 開花前のアブラギリの美しい風景 Vemicia cordata

※ 2012年12月16日(日)、西之表市市道番屋峯線道沿い、鞍勇道沿いで冬のアブラギリの風景を撮影したものです。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島の木々:冬のアブラギリ

2014.9.13〜