1. ふるさと種子島>
  2. 種子島の花木・樹木>
  3. フジ

樹木の諸データ

【 科名 】
マメ科つる性落葉
【 和名・別名・学名 】
藤、学名 Wisteria floribunda
【 撮影日時 】
2017年4月24日(月)/9時13分〜9時17分
【 撮影場所 】
鹿児島県西之表市嘉永山公園道沿い、浄水場前
【 その他 】
***

生態状況

観賞用として大変人気があります。原産地は、日本、東アジアといわれています。

春に花を咲かせてくれます。薄紫色の枝垂れた花が大変美しいことです。咲いた風情が、古来から親しまれ、万葉の歌にも数多く出てきます。

つる性ですので、ほかの樹木に絡みついて伸びています。やがて秋には種子ができます。

フジ

フジの開花時期は、4〜5月です。花に近づくと、まさに自然の香水です。ほんのりとやわらかい香りがたまりません。写真のものは、高さ約10メートルです。

開花して枝垂れたフジ

枝先に長い花序をたらし、枝に近い基部から順次花を咲かせていきます。

枝垂れたフジ

一般的に球形上に花を密につけます。初夏のころの開花状況です。鮮やかな純白が見事です。

フジの総状花序

フジの花びらです。ほかのマメ科の花と同様です。旗弁は白色、翼弁は薄紫色です。【平成24年4月21日撮影】

フジの開花状況

写真のフジは、西之表市雁田にある浄水場前県道沿いの開花したフジです。枝垂れた総状花序が見事です。【平成24年4月21日撮影】

フジの枝垂れた総状花序

枝垂れた総状花序は、30〜90センチほどです。やがて秋には、果実ができます。【平成24年4月21日撮影】

2014.9.13〜