1. ふるさと種子島>
  2. 種子島の花木・樹木>
  3. クロマツ

樹木の諸データ

【 科名 】
マツ科マツ属の針葉樹
【 和名・別名・学名 】
クロマツ/別名オマツ(雄松)、学名 Pinus thunbergii
【 撮影日時 】
2011年10月29日(土)/11時21分
【 撮影場所 】
鹿児島県西之表市国上大原崎海岸付近、ほか
【 その他 】
***

生態状況

クロマツの原産地は、日本、朝鮮半島南部などといわれています。海岸付近に自生する松は、樹高1メートル以下です。周辺は砂地ですので、根が複雑になっています。海岸付近では植物にとって、厳しい環境なのですね。種子島では、このようなクロマツも見ることができます。

波打ち際付近のクロマツ

晩秋のころ、海岸の波打ち際付近に自生する松です。おそらく、時化たときには、波しぶきも浴びていることもありそうです。

屋久津海岸のクロマツの低木

初夏のころのクロマツです。長浜海岸に生えているものです。樹高も50〜60センチくらいでしょうか。ほとんど上に伸びきっていません。【平成21年5月29日撮影】

屋久津海岸のクロマツの低木

厳しい環境の中、芽も出しています。それが真上を向いていなくて、円弧を描いており、先端部は下向きになっています。【平成21年5月29日撮影】

波打ち際の岩に根付いたクロマツ

波打ち際付近の岩場に自生する黒松です。「こんなところにも生えているのか?」と独り言を言いながら写した松です。【平成23年11月19日撮影】

2014.9.30〜