1. ふるさと種子島>
  2. 種子島の花木・樹木>
  3. ツタ

樹木の諸データ

【 科名 】
ブドウ科ツタ属のつる性落葉性木本
【 和名・別名・学名 】
蔦、学名 Parthenocissus tricuspidata
【 撮影日時 】
2009年5月11日/15時04分
【 撮影場所 】
鹿児島県西之表市古田番屋峯、ほか
【 その他 】
***

生態状況

通常、ツタは雑木林に自生しています。つる性の植物ですので、ほかの樹木に絡みついて伸びていきます。ツタは、何といっても葉の形が素晴らしいことです。全体的にはハート型をしており、先端部が三裂しています。そして、秋には見事に紅葉が見られます。

雑木林のツタ

初夏のころのツタです。雑木林では、ほかの樹木に絡みつき伸びています。

雑木林のツタ

雑木林でのツタです。秋には紅葉が見られるのですが、種子島は暖地なのかほとんど紅葉が見れないことです。

花を咲かせたツタ

開花したツタです。黄緑色の花を咲かせます。根元の花の色は、薄紫色をしています。【平成21年4月29日撮影】

橋に絡みついたツタ

初夏のころのツタです。甲女川河口の天神橋に絡みついたツタです。【平成21年4月29日撮影】

2014.10.12〜