ふるさと種子島 > 種子島の花木・樹木 > リュウキュウイチゴ

【 樹木の諸データ 】

琉球苺

バラ科

【 生態状況 】

初春に純白の花を咲かせてくれるリュウキュウイチゴです。種子島から以南に生えているイチゴです。葉の下側に、白い花を下向きに咲かせるのが特徴です。茎はやや赤茶色になっています。葉はやや薄緑色で、葉の裏は赤い筋がはっきりしています。

初夏には、鮮やかなオレンジ色の果実を付け熟します。イチゴのなかで、とても美味しいのが特徴です。リュウキュウイチゴ、種子島の海岸付近や内陸部に多く自生しています。

初夏のころのリュウキュウイチゴ。写真のごとく、たくさんのオレンジ色の果実をつけます。

リュウキュウイチゴの花

初春のころ純白の花を枝いっぱいつけます。

リュウキュウイチゴの新芽

真冬のころのリュウキュウイチゴです。葉は黄色く色づき、すでに新芽が出ています。

リュウキュウイチゴの果実

リュウキュウイチゴの果実です。甘くてとても美味しいのです。

リュウキュウイチゴ
リュウキュウイチゴ

リュウキュウイチゴは、全般的に日当たりのよいチップ材として切り出された山の尾根付近に群生していることが多いです。

リュウキュウイチゴの果実

リュウキュウイチゴは、初夏のころオレンジ色の果実をつけます。

2014.10.5〜