ふるさと種子島 > 種子島の花木・樹木 > センリョウ

【 樹木の諸データ 】

千両

センリョウ科

【 生態状況 】

センリョウは一般的に杉林・雑木林など日当たりの悪い場所に生えています。樹高は70センチくらいです。マンリョウと共に大変めでたい花木として人気が高く、庭木や生花用として親しまれています。

幹は太くはありません。マンリョウとの違いは、葉のギザギザがセンリョウこそ鋭いので見分けが付きます。夏に花を咲かせ、冬に見事なオレンジ色の実を付けます。

冬のころのセンリョウです。葉はやや黄色く色づいています。

センリョウの果実

晩秋のころのセンリョウです。葉は光沢があり、光を反射しています。

センリョウの果実

名前の通り縁起のいい花木で、正月の飾りに用いられています。マンリョウに比較して果実の数が少ないのが特徴です。

センリョウ
センリョウの果実

マンリョウとの違いは、葉の上に赤い果実を付けることです。マンリョウは、葉の下に果実を付けています。

2014.10.7〜