1. ふるさと種子島>
  2. 種子島の花木・樹木>
  3. クリ

樹木の諸データ

【 科名 】
ブナ科クリ属の落葉高木
【 和名・別名・学名 】
栗、学名 Castanea crenata
【 撮影日時 】
2014年9月23日/10時01分
【 撮影場所 】
鹿児島県西之表市古田一位山付近、ほか
【 その他 】
***

生態状況

クリの原産地は、アジア、ヨーロッパ、アメリカ、アフリカの4大大陸といわれています。早春のころ、道路沿いを走ると、淡黄色の花序がしだれた花が目につきます。雑木林の中で、ひときわ目立ち、遠くからでも確認できるほどです。秋には、果実が付き熟して割れて、いがの中から栗の実が見えてきます。通常、自然の中で採れる栗の実は、栽培されているものに比較して小さいです。

クリ

初秋のころのクリの木です。樹皮は、縦に大きな裂け目があるのが特徴です。

クリの花序

早春のころのクリです。長い花序を出して花を咲かせているのです。近寄ると、花粉の匂いでしょうか。独特の匂いが漂っているのです。【平成21年3月30日撮影】

クリの幹

幹です。途中から小さい枝が出ていることもあります。そして、縦に大きく割れて荒々しさが感じられます。

クリの果実の入った殻

初秋のころ、里山の道に実が熟して大きく割れて落下していることもあります。割れて落下するときに実はなくなっています。自然のものは実が小さいです。

クリいがの実

夏の終わりごろになると、扁平な球形状のいがの実が大きく熟してきます。まだ、いがに割れ目は入っていません。【令和3年8月29日撮影】

クリ小枝にいがの実を多数つけた画像

各小枝の中心付近に熟したいがの実を1個つけています。【令和3年8月29日撮影】

クリの殻が割れて中の堅果が見えている画像

小枝につけた熟したいがの実です。すでに殻が割れて中の堅果が見えています。通常、殻の中には、1〜3個の堅果ができています。【令和3年9月1日撮影】

※ 2021(令和3)年8月29日(日)、9月1日(水)、種子島の西之表市立山古田線付近、古田住吉線沿いで取材した、夏の終わりごろ小枝に扁平な球形状のいがの実をつけたブナ科クリ属の落葉高木のクリのいがのついた球形状の実の果実風景を紹介しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

クリの実風景 夏の終わりごろ小枝に扁平な球形状のいがの実をつけた果実風景〜種子島の自然

2014.9.23〜