ふるさと種子島 > 種子島の花木・樹木 > マンリョウ

【 樹木の諸データ 】

万両

ヤブコウジ科

【 生態状況 】

マンリョウの原産地は、日本、台湾、中国、朝鮮半島、インドなどといわれています。名前の通り、縁起のいい花木で、正月の飾りに用いられています。庭木や鉢植えで人気があります。

初夏に白い花を咲かせてくれます。小さな花びらは5枚で、後ろに反り返っています。あまり目立たないので、見かけることがほとんどありません。樹高は1メートル前後が多いです。自然に生い茂っているものは、幹が曲がっているのもあります。

通常雑木林でも見かけますが、マンリョウは一般的に杉林の日当たりの悪い箇所に多く生えています。杉林に生えているので、枯葉がマンリョウに乗っかっています。冬に見事な赤い果実をつけます。

マンリョウの花

マンリョウ花は、初夏から夏にかけて花を咲かせますが、秋には小さな果実が熟してきます。

マンリョウの果実

晩秋のころのマンリョウです。全般的に青い部分も多く、真っ赤に熟していません。特に、杉林で多く見かけるマンリョウです。

マンリョウ
マンリョウの青い果実

晩秋のころのマンリョウです。マンリョウの幹です。縦に大きく割れて荒々しさが感じられます。

2014.9.26〜