ふるさと種子島 > 種子島の花木・樹木 > フウトウカズラ

【 樹木の諸データ 】

【 科名 】
コショウ科つる性常緑
【 和名・別名・学名 】
風藤蔓 Piper kadsura (Choisy) Ohwi)
【 撮影日時 】
2017年5月10日(水)/12時37分〜13時21分
【 撮影場所 】
鹿児島県西之表市能野道沿い、その他
【 その他 】
***

【 生態状況 】

フウトウカズラは、常緑つる性木本で、種子島でも雑木林に多数自生しています。つる性の植物ですので、ほかの樹木に絡みついて伸びていきます。フウトウカズラは、コショウ科の植物ですが、花や果実がコショウに似ているといわれています。

花は、4〜8センチ前後の穂状です。ほかの樹木に絡まり、そして、覆い被さるように咲いています。見るからに、奇妙な雰囲気を感じさせてくれます。雑木林や杉林で、多く観察できます。場所によっては、車窓からも見ることができます。

初夏になると、雑木林の縁付近では、ほかの樹木に絡みつき、一斉に開花します。樹木の幹が全く見えないくらいに一面大群生します。写真は、アカメガシワに絡みついたものです。

フウトウカズラの群生

樹木の大小に無関係で絡みつきます。写真は、タブノキに群生した状況です。花を咲かせた状態は、長い穂状の花がだらりと垂れ下がっています。花の色は薄い緑色から黄色に変色します。

フウトウカズラ オレンジ色の果実

晩秋から初冬になると、果実がオレンジ色になってきます。小さな実を蜜に付けており、一番の見ごろです。なお、果実は食べられませんので、注意が必要です。多数の実をつけている様子はきれいです。冬から早春の頃まで、雑木林のなかで目立っています。

フウトウカズラの群生
フウトウカズラオレンジ色の果実

ほかの木に絡みつき、12月には果実の色はオレンジに変色しています。

2014.9.13〜