ふるさと種子島 > 種子島の花木・樹木 > ヤマビワ

【 樹木の諸データ 】

山枇杷

アワブキ科

【 生態状況 】

ヤマビワの原産地は、日本、中国、台湾などといわれています。通常、雑木林に自生しています。大きい葉がビワに似ていることで、名前が付けられています。

花期は、5〜6月です。種子島は暖地なので、これより早めに開花します。

海岸に生えるハマビワの葉に比べて、ヤマビワのほうが光沢があり、光をよく反射します。これからいっそう花序を伸ばし見事に咲いてくれます。

ヤマビワの新芽

春には、新芽を伸ばし先端部は枝分かれします。

ヤマビワの幹

雑木林でのヤマビワです。ヤマビワの幹は、全般的に白っぽいです。小さな褐色のブツブツがあります。

ヤマビワ
ヤマビワの新芽と葉

春のころのヤマビワです。葉の色がやや黄色くなっていることもあります。

2014.10.12〜