ふるさと種子島 > 種子島の花木・樹木 > ネズミモチ

【 樹木の諸データ 】

鼠糯

モクセイ科

【 生態状況 】

ネズミモチは、種子島でもたくさん自生している樹木です。雑木林、海岸付近でよく見かけます。初夏に白い花を咲かせてくれます。

庭木や街路樹として人気があるといわれています。ネズミモチの由来は、秋に熟した果実がネズミの糞に似ていることと葉がモチノキに似ていることによるものです。

初夏のころのネズミモチです。花を咲かせる前のつぼみの状態です。

ネズミモチの花

初夏のころのネズミモチのつぼみです。鮮やかな新緑の中でひときわ目立ちます。

ネズミモチの果実

ネズミモチは、秋になると、次第に果実をつけてきます。果実をつける頃には、雑木林ではほとんど目立ちません。晩秋の頃は、果実が黒く少しずつ変色してきます。

ネズミモチ
ネズミモチの花序

小枝の先端部で円錐状に花序をだします。小さい花を多数つけているのです。

2014.10.4〜