ふるさと種子島 > 種子島の花木・樹木 > アキグミ

【 樹木の諸データ 】

秋茱萸

グミ科

【 生態状況 】

グミと言えば「アキグミ」のことを示すほど、グミの仲間では最もポピュラーな存在です。場所を選ばず、海岸付近、内陸部の原野、川沿いなどいたるところで生えています。

幼い頃、このグミを取ってよく食べていました。グミは一般的に全部渋いです。アキグミはふるさとを感じさせてくれる花木です。庭木としても人気があります。

秋を過ぎる頃になると、赤くて丸い果実をたくさん枝につけます。真冬の寒い時期でも落下せずにず〜っと残っていることもあります。すべてのアキグミに果実が生っていることもありません。

アキグミの白い花びら

春になると、淡い白い花を咲かせてくれます。花びらは4枚です。花に近づくと、強い香りが漂ってきます。

黄色く色づいた花びら

花は、大変小さく、黄色く色づいてきます。密に花を咲かせているアキグミ。

赤くて丸い果実をたくさん枝につけたアキグミ
枝にぎっしりと赤い果実をつけたアキグミ

枝にぎっしりと赤い果実をつけています。この時期小鳥のエサにもなります。

2014.9.13〜